人形劇のお弁当

日本人形劇地図の情報広場の更新状況や人形劇関連の情報がたくさんあります。

JPA情報広場の最近の更新記事
日本人形劇地図(JPA:Japan Puppetry Atlas)の情報広場更新状況

島根:人形劇「イザナギの冥界下り」などに熱こもる 2/25

岡山:ネコの絵本集め「山猫文庫」
オープン:2月22日(猫の日)
場所:招き猫美術館(岡山市北区金山寺)
展示:「11ぴきのねこ」シリーズ、「100万回生きたねこ」、「長靴をはいた猫」、「吾輩は猫である」、ネコの図鑑など約70冊。
入館料:一般600円、小中学生300円。水曜休館。
問い合わせ:招き猫美術館086-228-3301

秋田:認知症テーマの紙芝居お披露目 2/24

神奈川:紙芝居で伝える風習「トッケダンゴ」 2/25

徳島:人形劇などを行い入学前の交通安全教室 2/25
http://www.news24.jp/nnn/news8677146.html

富山:読み聞かせをする「公募絵本ライブ」 2/25

大阪:図書館3月開催イベントの中止と延期 2/26

東京:「春の文化体験プログラム」が開催中止 2/26

大分:青の洞門の物語をパネルシアターに 2/7

和歌山:読み聞かせで本の世界へ、人形劇も披露 2/22

静岡:紙芝居や人形劇を通して防災の大切さを説く 2/22

富山:富山の美しさに魅せられて、僕は影絵師になった 2/21

島根:昔話「三枚のお札」を人形劇で披露した 2/20

by 人形劇トムテ

演出は無限へ飛び出す

演出は無限にあると聞くと、大げさすぎると思うかもしれませんが、一人の演出家でも相当たくさんの引き出しを持っています。それが数人集まって、ああでもないこうでもない、ああしようこうしようと考えを持ち寄ると、本当に複雑に絡み合って無限に近くなる。

本番で試したら大きな失敗になりますから、練習で試してみることです。するとしっくりくるものが現れて、賭けをするようなものでない限り、何度も練習したものは本番でも試せます。

急いで飛んでいきたい場面では、早足で急ぐのでなく思い切って飛んで行ってしまいます。こんな演出は不可能だと思っていたものが、案外しっくりきて、飛ぶことが普通になってしまいます。


↑このページのトップヘ